スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジソン病かどうか、本格的に検査(2011.1.12)

2011年1月12日(水)

8:45 とと を病院に連れて行く
   実は、半年以上ぶりに単独行動(つわりや立ちくらみがあるため)

9:30頃 血液検査でいったん預け、その後ととと一緒に結果待ち

10:30頃 混んでいたので待つ間に、私自身が貧血で倒れてしまい…
    検査は半日以上かかるとのことで、ととを一旦預けてタクシーで帰宅

17:30 仕事から帰ってきた母を伴い、ととを迎え&検査結果を聞きに

toto20110112-1.jpg

検査項目&考えられる状況についてはコチラをご覧ください。


昨日院長先生と一緒に応対してくれた若い方のI医師がととの主治医になってくれるようで、血液検査の結果から聞きました。

・血液検査の結果→昨日より良好。カリウムがぎりぎり標準圏内に入ってきているし、PCVの数値も下がっていること
・心臓のレントゲン→たまたま来院していたアジソンの研究をしている大学病院の教授に診てもらったところ、「アジソンの特徴のひとつである”小さい心臓”ではない。ただし、血管がやや細いのが気になる」との所見を得たこと
・待合中、獣医師や看護師さん達にしっぽ振って元気にしていたこと
・(検査のため昨夜から絶食)食欲が戻ったようで今日は缶詰をぺろっとたいらげ、吐いていないこと

これらのことから、
「このまま数値が落ち着いてアジソン病ではないことを祈りたいです。感染症などでたまたま同じような症状になってしまったと思いたい」
「ただ、アジソン病だった場合には薬代が結構かかります。この子の体重で計算した場合、一日630円一ケ月で18900円になりますが、治療は進めていってもよいか?飼い主さんによっては高額ゆえに断念される方もいらっしゃるので…」

とお話があったので、『月2万円なら何とか無理したら大丈夫。治療は出来る限りのことをしてあげたい』とお伝えしました。

そしたら…
「さきほどお話した教授によると、”アジソン病でも薬を飲んだからといって必ず治るわけではなく、薬の拒絶反応が出てしまう場合もある”治療は何パターンかあるが、それが適合するとは限らないので、根気強く向き合っていかないといけない”ということです。

これには正直とても驚きました。
高い薬だからと言って、必ず効くわけではない。
病気も個体差だったら、薬の効き方も個体差…
でも、進むしか道がありません。

それに、血液検査の数値が落ち着いたのだから、希望は持とう!

「検査結果が出て、残念なことに、もしホルモン分泌出来ていなかったらすぐに治療を始める必要があるので連絡します」と言われ、電話がかかってこないことを祈りながら病院を後にしました。


 治療費 2011.1.12 通院2回目

toto20110112.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

theme : わんことの生活
genre : ペット

comment

Secret

☆ プロフィール ☆

小春

Author:小春
夫:MU、妻:小春
住友林業 My Forest【GS】で注文住宅を建て、2010.2.26~新生活を始めています。

愛犬:ラブラドール♂
2011.1.12アジソン病判明
現在フロリネフ服用中

☆ カレンダー ☆
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

☆ カテゴリ ☆

★ 全ての記事を表示する ★


☆ 最近の記事+コメント ☆
☆ RSSリンク表示 ☆
☆ いらっしゃいませ ☆

★左「カテゴリ」→「全ての記事を表示する」をご利用下さいませ。

★質問(住宅その後など)ございましたらお気軽にコメントよりどうぞ。

☆total☆
☆now ☆    
☆小春リンク☆

管理画面

☆ ie Links ☆
banner88x31a.gif
2009年奨励賞受賞
banner1_120X60.gif
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。